ヒアドキュメント内でクラス変数・関数・式などを展開する方法

PHPのヒアドキュメントは便利ですよね。

ただ1つ問題があって、それはヒアドキュメント内では純粋な変数しか展開できないことです。普通の書き方ではクラス変数や関数あるいは式は書くことができません。

ということでその対処法となるコードを紹介します。

ヒアドキュメントのおさらい

今さら説明するまでもないかもですが一応ヒアドキュメントについて少し説明します。

まずヒアドキュメントというのは長~い文字列を表示したり代入したいときに使われる構文です。

 

例えば次がヒアドキュメントの使用例

EOMとかがヒアドキュメントの開始と終了の記号として使われることが多いです。

 

それでこの中で変数を展開するには次のように変数を  {}  で囲みます。

変数が展開できるので便利です。

 

ただ次のようにクラス変数とか式は {} 内には書けないんですよね・・・

 

これがどのような結果になるかというと普通に文字列として出力されるだけです。

 

じゃあクラス変数とか式を書くのは諦めるしかないかと言うとそうではありません。

ちゃんと解決策があります。

式・クラス変数・関数を書くための解決策

その解決策とは何かというと次のような関数変数を作ることです。

見てわかるように渡された変数をただ単に返しているだけの関数です。

 

それでこれをどのように使うかというと例えば次のコード例のようにして使います。

$wrap($a + $b) とか  $wrap(Hoge::NUM)  とか  $wrap(Hoge::f())  みたいにそのまま式や関数やクラス変数を書くだけです。

 

そしてこのコードの表示結果は次の通り

しっかりと展開されています。

これでまたヒアドキュメントの使い勝手が良くなりそうです。

ここまでのまとめ

簡単にここまでのことをまとめると次の通り

  • ヒアドキュメントでは{}で変数を展開する
  • ただクラス変数とか式は展開できない
  • なので展開用の関数変数を作って解決

ただ展開用の関数変数を作るだけなので面倒なこともないですね。

 

というわけでヒアドキュメント内で変数以外を展開する方法を説明しました。

ヒアドキュメントを見やすくするためにも使えるテクニックじゃないかなと思います。

ではでは(^_^)/~~

PHP

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください