【NDK】Android開発にC/C++を使う。最低限の導入手順まとめ

NDKを使うとAndroid開発でこんなことできます。

  • ネイティブコードを呼び出す
  • コードをC/C++で書くことができる

ただその手順がメチャクチャ面倒でした。

同じように困っている人に向けて、
Android開発で NDKからC/C++を使う手順 をまとめます。

最低限の手順だけまとめると次の通り。

ただし Android Studio での手順。

1.C/C++ ファイルを既存プロジェクトに追加

まずプロジェクトペインから【Project】を選択

Android Studio プロジェクトペインから[Project]を選択

その中から 【app】=>【src】と開き、【main】を右クリックして 【New】=>【Directory】を選択。出てきたダイアログに "cpp" と入力して作成。(あるいは "jni" という名前でも良いらしい)

[app]⇒[src]と開き、[main]を右クリックして [New]⇒[Directory]を選択。出てきたダイアログに cpp と入力して作成

作成したcppディレクトリ上で右クリックし、【New】=>【C/C++ source file】 を選択。ダイアログから 適当にC/C++ソースファイル名を入力。

Android Studio - [New]⇒[C/C++ source file] を選択。ダイアログにC/C++ソースファイル名を入力

ここでは hello.cpp を作りました。

もちろんC++ではなくCでもOKです。

 

ビルドには CMakeLists.txt も必要です。

その作り方は プロジェクトペインのルートディレクトリで右クリックし、【New】=>【File】を選択。ダイアログから "CMakeLists.txt" を入力して作成

Android Studio - 【New】=>【File】を選択してCMakeLists.txtを作成する

これで下準備の下準備が完了。

2.CMakeLists.txtにビルド設定を追加

CMakeLists.txtはC/C++のビルド設定ファイル

ここでは次のような設定を書いてみました。

▼ CMakeLists.txtの設定例

大事なポイントは次の2つ

  • add_library
    ここには作成したC/C++ライブラリの名前・ビルド方法・相対パス指定する。ここでは hello.cpp の設定を追加(内容については後述)
  • target_link_libraries
    ここには独自ライブラリ名、android, log を指定しておく。こうすることでC/C++側でもログ出力が使えるように

この2点さえ押さえとけばOK

3.モジュール側(アプリ側)のbuild.gradleを編集

次にモジュール側の build.gradle を開きます。

編集画面が開いたら、以下の内容を追加

CMakeLists.txt のパスを指定するだけです。

これでネイティブメソッドを呼び出す準備は完了

4.C/C++ソースでネイティブメソッドを定義

ここでは次のネイティブメソッドを定義しました。

  • 関数名は getMessage  という名前
  • 引数として文字列を1つ受け取る
  • その引数を含むメッセージを返す

やってることは単純明快です。

そのために書いたC++コードがこちら

▼ ネイティブメソッドのC++コード例

ここで大事なのは次の3点

  • マングリングを無効化
    上コードのように extern "C"  としてマングリング(C++特有の機能)をさせなくする。C++の場合、こうしないとビルドエラーが出る
  • メソッドの命名規則
    例えば com.example.example のMainActivityから呼ばれる場合、 Java_com_example_example_MainActivity_getMessage  という名前にする。Java側からは getMessage("hoge");  で呼び出せる。
  • JavaとC++でのデータ交換
    例えばJavaでは文字列に String  を使うが、C/C++では jstring  が代替として使える。ネイティブ側からJavaに返すときは env->NewStringUTF(msg.c_str());  のように変換する必要あり

あと引数ですが JNIEnv* env, jobject thiz  は必須です。

第3引数以降がネイティブメソッドの純粋な引数になります。

5.Javaからネイティブメソッド呼び出し

最後の最後の仕上げ。

Java側からネイティブメソッドを呼びだします。

▼ 成功したActivity全体のコードはこうなりました。

大変だったけど何とか成功・・・

これでAndroid開発でC/C++が使えるように。

煩雑とはいえ、基本手順だけ知ってれば簡単ですね。

ここまでのNDK導入手順まとめ

ということで手順だけを箇条書き

  1. C/C++ を既存プロジェクトに追加
  2. CMakeLists.txtにビルド設定を追加
  3. モジュール側のbuild.gradleを編集
  4. C/C++でネイティブメソッドを定義
  5. Javaからネイティブメソッド呼び出し

もし間違いがあればコメントからご指摘ください。

以上、Android NDK からC/C++を使う方法でした。ではまた

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください