JavaScriptでgoto文的な処理ができるlabeled文の使い方とコード例

JavaScriptには他の言語にあるようなgoto文というのは存在しません。

しかし同じでないものの似たような処理ができるのがlabeled文という構文

ここではそのlabeled文の使い方とコード例を紹介したいと思います。

labeled文とは

labeled文はgoto文と似ています。

しかしgotoと決定的に違うのはラベルが置ける場所が決まっていること

labeled文の場合は次のようにステートメントの前にしかラベルは置けません

ステートメントというのは while  や for  などのループ、 switch  などの処理の塊のこと

 

そしてラベルの使用用途も限定的で

あるステートメント全体を break  または continue  するために使う

ことしかできません。

 

つまりラベル label  があるとしたら次の2通りの書き方でループなどを抜け出せるということ

こうすれば label  の存在する前のステートメントまで break  または continue  できます。

ただこれだけだと分かりにくいと思うので具体的なコード例を使って説明しましょう。

labeled文でのcontinueとbreakのコード例

あるラベル label  があるときJavaScriptでは goto label;  の代わりに

  • break label;
  • continue label;

のどちらかが使えます。

それぞれの使い方とコード例については次の通り

continue label;

まず初めは continue  を使ったlabeled文について

これはループ限定で使える構文で、一番外側のループに continue  したいときなどに使えます。

 

例えば単純なforを使った二重ループを考えてみましょう。

その中である条件で外側に対して continue  しているのが次のコード例

まず初めにfor文の前に outerloop  というラベルを設置してます。

そして i === 1 && j === 1  の条件を満たす場合、
ラベルがある一番外側のfor文に対して continue  するといった感じ

ただし continue outerloop;  はラベルのある場所まで戻るという意味ではありません。

あくまでラベルの下にあるステートメントまで戻るという処理になることに要注意

そしてこのコードの実行結果は次の通りです。

普通の continue  なら内側のループで処理を飛ばすだけです。

しかし上の実行結果を見ればわかるように外側まで continue  されてるのが分かると思います。

 

これが continue  でのlabeled文の使い方

もちろんfor文だけでなく、while文とかdo while文でも使用可能

ラベルのあるステートメントに対して continue  してるだけです。

break label;

お次は break  を使ったlabeled文について

これはラベルのある場所に対して break  する点は continue  の場合と同じです。

しかし違うのはループ以外にもswitch文など break  が使える構文全てで使用可能なこと

switchなどで使う場合のコード例は後で紹介します。

 

ではとりあえず二重ループのコード例で考えてみましょう。

先ほどの continue  のコード例を break  で置き換えたのが次のコード例

break outerloop;  となっている個所に注目してください。

こうすることで一番外側のループまで一気に抜けることが可能です。

ちなみにこのコードの実行結果は次の通り

普通の break  とは違い、 break outerloop;  した場所で処理が止まっているのが分かるはずです。

 

以上が break label;  を使ったlabeled文の使い方

これは多重ループを一気に飛ばしたり抜けるときに便利そうですね。

labeled文を使った実用的(?)なコード例

次にlabeled文を使った実用的かもしれないコード例を紹介

まあ実用的でなくてもlabeled文の処理を理解するのには役立つと思います。

ケース1. ある行列に0が含まれているか調べる

例えば2次元配列などの行列に1つ以上0が含まれているか調べたいとします。

その場合、0が1つでも見つかればそれ以上処理を続行するのは無駄ですよね。

そんな場合にlabeled文が役に立ちます。

 

実際のコード例はこんな感じ

この処理は0が見つかった時点で一番外側のループまで break  します。

なのでそれ以降の無駄なループ処理を省けるという訳です。

ケース2 : switch内でlabeled文を使う

今までfor文などのループ内でのlabeled文しか紹介してきませんでした。

ですが実はswitch内でも break  に対してlabeled文を使うことが可能です。

 

例えば次がそのコード例

break outerswitch;  という部分に注目

こう書くことで二重switch内で一番外側に対してbreakすることが可能です。

これは default  でだけ特別な処理をしたい場合などに役立つかもしれません。

ここまでのまとめ

ということでlabeled文についてもう一度まとめ

  • あるステートメントの前にラベルを置く
    ただしステートメントは continue  または break  が使えるもののみ
    具体例を挙げるなら for  、 while  、 do while  、 switch  , etc...
  • ラベルを置いたステートメント前まで飛べる
    break label;  または continue label;  でステートメントまでジャンプ
    ただしgoto文とは違い、直接ラベルに飛んでいるわけでないので注意

なんとなくgoto文と似てますが、動作や使い方はかなり違いがあるみたいです。

あと自由自在に飛べるわけではないのでスパゲティコードになる危険性もなさそう

多重ループや多重のswitch文で一気に外側まで戻りたい場合に便利だと思います。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください