クレジットカードが作れないとき バンドルカード に救われた話

クレジットカードが作れないとき バンドルカード に救われた話 - 実際に作ってみたら本当に5分くらいで作れた

クレジットカードが必要だけど、

  • 信用スコアが低くて作れない
  • どうしても審査に通らない
  • 今すぐにでも クレカ が必要

▲ こういう場面ないですか?

僕もクレジットカードが必要なのに、持ってないばかりにチャンスを逃すことがありました。

そんなときに救われたのが バンドルカード というサービス

「●●Payと同じでしょ?」とか誤解してたんですが、
使ってみたらこれほど簡単にクレジットカードが作れんのか と正直驚いてます。

ということで今回はその バンドルカード について、
どういう場面で役立つの?という疑問とか具体的な使い方をまとめました!

クレジットカードが作れないと超不便で困る

いまどきの日本はクレジット社会・キャッシュレス社会に移行しつつあります。

まあ最近は 7Pay の流失事件とかあったし、
キャッシュレス社会 は実現がなさそうに見えるけど・・・

でもキャッシュレス化はさておき、確実にクレジット社会にはなりつつあります。

 

そういうとき、クレジットカードの1つも持ってないと超困りますね。

自分はアプリ開発とかWeb開発をしてるんですが、特に困るのはこういう場面

  • アプリストアへの登録料を払うとき
  • 必要なソフトとかをネット上で買う時
  • クレカでしか買えないものを買う時

「アプリストアの登録料がクレカでしか払えない・・・」

みたいな感じで困ってました。

あと最後の1つ、クレカでしか買えないものが買えなくて困ること

この記事を読んでる人も経験ありますよね?

 

クレジットカードは便利だけど、持ってないと逆に不便になるんです。

単純に買いたいものがあるだけなのに、クレカを持ってないだけで買えない(怒)

そんな不条理を感じてた時に、たまたま出会ったのがバンドルカード

クレカ社会に怒りを感じてた時、 バンドルカード を見つけた

これはAndroidアプリにもiPhoneアプリにも対応してるみたいです。

▼ 各アプリストアからダウンロードできる(PCからでもOK)

自分はAndroidユーザーなので、Androidアプリの方を使わせてもらってます。

 

それで バンドルカード を見つけた第1印象、少し怪しかったです。

だってクレジットカードって厳密な審査があるじゃないですか。

  • 安定した収入があるかどうか
  • 長くて小難しい申込書の提出
  • 収入証明書の提示

▲ こういう審査を飛ばして、アプリだけでクレカ発行できるって・・・?

そこらへんが怪しいし、「大丈夫かな?」と少し不安だったです。

ただ実際に使ってみると、そんな不安は一気になくなるほど便利でした。

実際にバンドルカードを使ってみた

バンドルカードでは VISAクレジットカード を発行できます。
ただし、ネット上で発行されるのでバーチャルカード という立ち位置です。

とはいえ、ネット上なら本物のクレカと全く同じように使えます。

もちろん必要なら、リアル店舗で使えるカードも作成できる模様

自分はネット上での決済が必要なので、バーチャルカードの方だけ作ってみました。

1.まずバンドルカードアプリをダウンロード

まずバンドルカードのアプリをダウンロードします。

▼ さっきも紹介したけど、各アプリストからDL可能

そうしたらホーム画面上のバンドルカードを起動

起動すると、次の2つの情報入力が求められます。

  • ユーザー名
  • パスワード

この2つは超大事です。
絶対に忘れないように、必ずどこかに記録しておいてください

あとは画面の指示に従ってカードを発行していくだけ

最終的には次画像みたいなカードが発行されます。

バンドルカードから発行したカードの例。アプリから数分くらいで作れるけど、本当に使える

これは本当に本物のクレジットカード

ネット上の通販、買い物で使えるれっきとしたクレカです。

2.バンドルカードに使いたい金額だけチャージする

カードを作ったら、次は使いたい分だけチャージします。

▼ これはアプリ画面の【チャージ】から行うことが可能

チャージ方法も銀行振り込み、コンビニ振り込み、ビットコインとかにも対応しててチャージしやすい

対応してるチャージ方法はザッと次の通り

  • ポチッとチャージ
  • キャリア払い
  • 銀行振り込み
  • コンビニ振り込み
  • クレジットカード
  • ビットコイン
  • その他いろいろ・・・

自分は銀行振り込み(ペイジー)を使ってチャージしてみました。

 

ePayの一連の流れはこんな感じです。

  • アプリから銀行振り込みをタッチ
  • チャージしたい金額を入力(最大3万まで)
  • 支払いに使う銀行を選ぶ
  • 銀行画面にログインする
  • ペイジー経由であとは支払うだけ

銀行振り込みも大抵5分以内で終わるので、それほど面倒じゃないです。

 

そして実際にチャージが終わると・・・

▼ アプリ内の残高が更新される

バンドルカードにチャージしたときの様子

あとはこの残高の範囲内なら、クレジットカードを使って買い物できます。

あとチャージ式だから、ムダ使いする心配がないのもポイント高いですね。

3、実際に500円の買い物をバンドルで支払ってみた

自分はバンドルカードで アプリストアの登録料 を払いたかったんです。

たかだか500円くらいだけど、
クレカでしか払えないみたいなので、今回バンドルカードを使うことにしました。

実際のバンドルカードによる支払い方法は次みたいな感じです。

 

例えばネット上でなにか買い物するとき、こういう画面よく見ますよね?

ネット通販とかでよく見るクレジットカードの入力フォーム

上画像で数字を割り振ったみたいに、

  • ① : カード番号(xxxx-xxxx-xxxx-xxxx)、
  • ② : 有効期限(MM / YY)、
  • ③ : セキュリティコード(CVC)、
  • ④ : カードの名義(半角英)

この4つを購入画面とか支払い画面で入力するっていう感じ

 

この各項目、バンドルカードでは次みたいに対応してます。

バンドルカードの各項目の説明

  • ① : カード番号(xxxx-xxxx-xxxx-xxxx)
  • ② : 有効期限(MM / YY)
  • ③ : セキュリティコード(CVC)
  • ④ : カード名義( "VANDLE USER" )

カード名義については、デフォルトの "VANDLE USER" を入力すればOKです。

カード番号、有効期限、セキュリティコードについては実物のカードと全く同じ

4.本当にアプリだけでクレカ払いができた!

そして実際にバンドルカードで支払ってみました。

その支払い履歴がコレ

バンドルカードで実際に支払してみた。本当にアプリだけでクレカ払いができるとは驚き

本当に審査なしで使えるとは・・・!!

こんな便利なアプリがあるなら、もっと早く使いたかったです。

でも「クレカがないから●●できない(怒)」、みたいに心配することがなくなりそう。

バンドルカードはクレカがない人の救世主

バンドルカードは自分にとって救世主です。

なにか事情があってクレカを持てない時、こういうサービスは本当にありがたい。

こんな素晴らしいサービスを作ってくれた、運営と開発者の方々に感謝します。

いつか自分も、これほど社会に影響を与えられる便利なサービスを作ってみたいです。

以上、バンドルカードについてでした。ではでは(^_^)/~

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください