AndroidStudid での “Unable to locate adb” の対処法

最近アプリ開発にドハマりしてます。
なぜかアプリ開発って熱中しちゃいますよね。(Web開発と比べて)

ただアプリ開発をしばらくやめていたせいか、開発も四苦八苦です。

今回遭遇したのは "Unable to locate adb" という謎エラー

解決方法が分かったので、後学のために解決策をメモしたいと思います。

とあるアプリを Run しようとしたら出てきた

このエラーに遭遇したのは、
ちょっとした思い付きで作ってたアプリを Run したとき

なんの前触れもなく、突然こんなエラー が出ちゃいました。

Unable to locate adb ...?

どうやら adb.exe が見つからないせいで、アプリが実行できなくなってる模様

アプリが実行できないのはものすごく困ります。デバックすらできないから

そこでこの "Unable to locate adb" の解決策を試してみました。

Unable to locate adb エラーの解決手順

どこで調べたか忘れたんですが、分かりやすい直し方が書いてありました。

その手順通りにやったら無事エラーが解決できます。その具体的な手順は次の通り

1.まず platform-tools フォルダを開く

手順1つめは platform-tools フォルダを開くこと

その場所はユーザーが [USER]  なら次の通り(あとWindows環境)

ここに adb を動かすのに必要なファイルが格納されてます。

ただ "Unable to locate adb" が起きた場合、このフォルダ内の次のファイルが消えてました。

  • adb.exe
  • ADBWinApi.dll
  • ADBWinUsbApi

なので adb 関係のexeファイルや dllファイル を配置しなします。

2. adb.exeとその他DLLファイルを再配置

そのダウンロードは次URLから

ここではWindowsでのやり方で説明します(他OSでも似たような感じ)

 

まずページにアクセスして、"Download SDK Platform-Tools for Windows" のリンクをクリック

▼ このリンクから必要なのがDLできる

まずここからadb関係のファイルをダウンロードする

もし Mac や Linuxe でアプリ開発してるなら、そっちの方をダウンロードしてください。

 

そうすると "platform-tools_r29.0.2-windows.zip" みたいなzipがダウンロードされます。

解凍し、次の3つのファイルを platform-tools に貼り付けすればおK

  • adb.exe
  • ADBWinApi.dll
  • ADBWinUsbApi

本当にそのまま貼り付ければいいだけ

 

ただし貼り付けるとき、こういうダイアログがでることもあります。

こういうダイアログが出たら、ウィルス対策ソフトを無効化する

▲ こういうダイアログ

ウィルスソフトが邪魔していることが多いので、
いったん Avast とかを無効化してから貼り付け すると上手くいくはず

無事アプリがビルドできるようになった(安)

そしてAndroid Studi を再起動すると・・・無事ビルドできるようになりました。

"Unable to locate adb" とか見たときは驚いたけど、
単純に adb とかその他のファイルがなかっただけだったみたいです。

少しビビったけど、解決してよかった。ではまた($・・)/~~~

#an

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください