【JavaScript】正規表現のテストができるメソッドまとめ

JavaScriptでとりあえず文字列に正規表現がマッチするかだけ調べたい・・・

そういう場合はRegExpやStringオブジェクトのテスト系の関数が便利です。

これは詳しいマッチ結果を返すものでなく、真偽値や最初のマッチ位置だけを返します。

ということで正規表現のテストができるメソッドをまとめて紹介

正規表現テスト系メソッドまとめ

そのテスト系のメソッドというのが次の2つ

  • String.prototype.search
  • RegExp.prototype.test

StringオブジェクトとRegExpオブジェクトにそれぞれテスト系メソッドが用意されてます。

これらの詳しい使い方やコード例は次の通り

String.prototype.search

まず初めはStringオブジェクトのsearchメソッド

これはStringオブジェクトに対して次のように正規表現オブジェクトを渡して使用します。

str  がStringオブジェクトで、 regexp  がテストするための正規表現オブジェクト

そしてこのメソッドの返り値についてですが、

  • マッチすれば最初に見つかったインデックス、
  • マッチしなかった場合は -1 の値

という返り値を返してきます。

 

このメソッドを使えば単純に正規表現がマッチするか調べることが可能です。

例えば次がsearchメソッドを使って正規表現のテストをしているコード例

serachメソッドで -1  が返ってくるかどうかで判定ができます。

 

このメソッドを使う利点はmatchメソッドより高速な所ですね。

細かな情報はいらないからマッチするかどうかだけ調べたいときに便利だと思います。

RegExp.prototype.test

これは文字通り正規表現のテストをするためのメソッド

次のようにRegExpオブジェクト regexObj  に対してテストする文字列 str  を渡して使用します。

そしてこのメソッドの返り値についてですが、

  • マッチした場合はtrue
  • マッチしない場合はfalse

というように単純に真偽値だけを返すメソッドとなってます。

 

なのでsearchメソッド同様に正規表現のテストに利用可能です。

例えば次は先ほどのsearchメソッドの例をtestメソッドに置き換えたコード例

こういう風にRegExp側からでも正規表現のテストはできます。

 

以上がRegExpのtestメソッドの使い方

こちらは真偽値を返すのでsearchメソッドよりも使い勝手がいいかもしれません。

マッチ系の関数との比較

今紹介したテスト系メソッドとは違い、詳しいマッチ結果を返すメソッドもあります。

それが次の2つのメソッド

  • String.prototype.match
  • RegExp.prototype.exec

matchメソッドは検索系のメソッドとしておなじみですよね。

これらのメソッドの使い方については次の記事で詳しく解説しました。

ちなみにexecメソッドはRegExpオブジェクト版のmatchメソッドのようなものです。

 

 

それで気になるのがテスト系メソッドとどれだけ実行速度が違うのかということ

当然処理が複雑な分だけ、 match  や exec  の方が遅くなります。

その差がどれほどあるのか気になったので、実際に調べてみました。

searchメソッドとmatchメソッドの比較

Stringオブジェクトのこの2つをまずは比較してみます。

検証に使用したのは次のようなコード

このコードでは処理時間を正確に計測する方法で紹介したように performance  を使っています。

これを使うことでミリ秒まで計測することが可能です。

 

そしてこのコードをそれぞれ10回繰り返し、その平均値を求めてみました。

matchメソッドとsearchメソッドの平均処理時間の結果は次の表の通り

matchメソッド searchメソッド
平均処理時間 107.0ms 59.7ms

やはり最初のインデックスだけを返す分だけsearchメソッドの方が速くなるようです。

単純にマッチするかどうかだけを知りたい場合は match  より search  の方が高速になりますね。

execメソッドとtestメソッドの比較

お次はRegExpオブジェクトの exec  と test  の比較

ここでも検証用に次のようなコードを使います。

先ほどの match  と test  の部分を置き換えただけです。

 

こちらも10回繰り返して処理時間の平均値を求めてみました。

その結果は次の表の通り

execメソッド testメソッド
平均処理時間 106.4ms 49.9ms

当然無駄な処理が少ない分だけtestメソッドの方が速くなります

 

Stringオブジェクトの search  と比べると test  の方が若干速いのかな?という感じ

まあ正規表現のテストをするだけなら search  か test  を使った方が高速に処理できますね。

正規表現の関連記事

正規表現については次の記事でも色々紹介・解説してます。

JavaScriptで正規表現を表す2つの方法とパフォーマンス的な違い

正規表現の内部処理が分かる便利ツールregex101を使ってみた

ここまでのまとめ

ということでテスト系のメソッドの簡単なまとめ

  • String.prototype.search
    文字列に対して str.search(regexp)  のように正規表現オブジェクトを渡して使う
    もしマッチすれば最初のインデックス、しなければ -1  を返す
  • RegExp.prototype.test
    正規表現オブジェクトに対して regexp.test(str)  のように文字列を渡して使う
    もしマッチすれば true  、マッチしなければ false  を返す

普通は正規表現というとmatchメソッドを使う場合が多いと思います。

ですが最初のインデックスやマッチするかだけ知りたいならこちらを使う方が高速です。

 

以上JavaScriptの正規表現テスト系のメソッドをまとめてみました。

ではではヾ(^_^) byebye!!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください