AdMobでapp-ads.txtを設定してみた。その手順

前々からapp-ads.txtが気になってました。

▼ AdMobでのapp-ads.txtの役割

アプリ向け認定販売者(app-ads.txt)は、認定デジタル販売者標準を拡張したものです。これにより、モバイルアプリに表示される広告をサポートするよう互換性が拡張されるとともに、アプリ広告枠は認定したチャネルを通してのみ販売されます。app-ads.txt ファイルを作成すると、アプリの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

引用元 : https://support.google.com/admanager/answer/7441288?hl=ja

▼ これを設置する利点

  • アドフラウドを防げる
  • 収益性の低下を防げる
  • 収益性のアップ(?)

だけで今まで惰性で設置してませんでした。

ところがやってみると意外と簡単だったので、
AdMobでのapp-ads.txtの設置手順を図解します。

※ 当記事にはPR広告が含まれます

1.デベロッパー サイトを開設

必ず必要なのがデベロッパーサイトです。

▼ 開設に必要なものは2つ

  • レンタルサーバー
  • 独自ドメイン

まともな開発者なら独自ドメイン+レンタルサーバーなどでサイト開設してるはずです。TwitterとかFacebookなどのSNSはデベロッパーサイトになりません。

ただ少しでも維持費は抑えたいですよね。

そういう人には次の組み合わせが向いてます。

とりあえずサイト開設しておきましょう。

2.アプリとデベロッパーサイトを紐づけ

次にアプリとデベロッパーサイトを紐づけします。

例えばGooglePlayConsoleの場合、以下の手順です。

▼ ストアでの表示 => ストアの設定 をクリック

"GooglePlayConsoleの場合、ストアでの表示=>ストアの設定 をクリック

そこに「ストアの掲載情報に表示する連絡先の詳細」というエリアがあります。そこのウェブサイトにデベロッパーサイトのURLを入力するだけです。

▼ 編集ボタンを押す

「ストアの掲載情報に表示する連絡先の詳細」というエリアがある。そこのウェブサイトにデベロッパーサイトのURLを入力するだけ

▼ ウェブサイトにURL入力

ウェブサイトにデベロッパーサイトのURL入力

あとは保存して公開を押すだけ。上記画像のようにトップページのURLを入力しとけばOKです。GooglePlay上でデベロッパーサイトが反映されます。

この作業は必須なので忘れないように

Apple App Store の場合

もしiPhoneアプリ開発者なら…

ストアのアプリ掲載情報のマーケティングURL欄を探し、デベロッパーウェブサイト(例 : https://hogehoge.com )を追加すればいいらしいです。

ほとんどGooglePlayと同じですね。

3.サイトにapp-ads.txtをアップロード

次にapp-ads.txtのアップロードです。

アップ先はデベロッパーサイトの一番上

▼ 例えば hogehoge.com なら…

URL例 : https://hogehoge.com/app-ads.txt

FFFTPみたいなFTPソフトを使うか、レンタルサーバーならWebFTPとかも利用できます。好きな方法でドメイン直下にapp-ads.txtを設置するだけです。

ブラウザ上でアクセスして表示されればOKです。

AdMobからapp-ads.txtを取得

このapp-ads.txtの取得方法ですが…

AdMob管理画面から取得できます。

▼ アプリ => すべてのアプリを開く
▼ app-ads.txtのタブをクリック

"AdMob管理画面から すべてのアプリを開く。app-ads.txtのタブをクリック

▼ app-ads.txtの設定方法をクリック

app-ads.txtの設定方法をクリック

▼ コードスニペットをコピーする
▼ それをapp-ads.txtに貼り付けるだけ

表示されたコードスニペットをコピーする。それをapp-ads.txtに貼り付けるだけ

レンタルサーバーにFTP接続したりWebFTPを使い、デベロッパーサイトのルート直下にapp-ads.txtの空ファイル作成 => コピーしたコードスニペットを貼り付けといった流れです。

▼ ちなみにapp-ads.txtの内容(架空)

google.com, pub-1234567890123456, DIRECT, 0123456789abcdef

コンマで区切られていて、順番に 広告システムのドメイン名 / アカウントID / アカウントタイプ / タグID というデータです。(参考 : https://techblog.cartaholdings.co.jp/entry/archives/2150

ものすごく簡単でした。

4.AdMobでapp-ads.txtの検出を待つ

あとはAdMob側で検出されるまで待つだけです。

▼ こういう状態だと未検出

AdMob側でapp-ads.txtが未検出の場合、この画像のような表示になる

▼ 次の状態になればOK

AdMob側でapp-ads.txtが未検出の場合、この画像のようにチェックマークがついて、ステータス詳細に「app-ads.txt ファイルが見つかり、確認されました」と表示される

このようにチェックマークがついて、ステータス詳細に「app-ads.txt ファイルが見つかり、確認されました」と表示されてればapp-ads.txtの検出は成功です。

これでapp-ads.txtの設置は完了しました。

一連のapp-ads.txt設置手順まとめ

ということで箇条書きでまとめておきます。

  1. デベロッパー サイトを開設
  2. アプリとデベロッパーサイトを紐づけ
  3. サイトにapp-ads.txtをアップロード
  4. AdMobでapp-ads.txtの検出を待つ

これだけの手順です。

もしアプリ開発者なのにTwitterなどSNSしか持っていないなら、必ずデベロッパーサイトを開設したほうがいいです。今回のapp-ads.txt設置みたいなケースで必要になります。

AdMob・アプリ開発の関連記事

ついでに関連記事を紹介します。

▼ 「サイトの仕様: ナビゲーション」で広告制限…復活までの経緯

▼ ”Declare your Ad ID permission” への対処法

以上、AdMobでのapp-ads.txtの設置手順でした。

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください