Android実機をadbからWifi接続する方法を試してみた

タイトルの通りです。

低スぺPCとか実機テストの場合、adb(あるいは Android Studio)からアプリとかインストールするんですが、その手順をケーブルなしでやってみました。

ここでは その Androd端末 に adb からWifi接続する手順 をまとめてみます。

ケーブルレスだとストレスが少ないし、何かと快適です。

adbでのWifi接続が必要になったわけ

Android Studio で開発する時、アプリをテスト実行する方法は次の2つ

  • エミュレーターでアプリ実行
  • 実機端末を使ってアプリ実行

エミュレーターを使う方法もあるけど、自分のPCは5年物でメモリも少なくて Android Studio とかと併用して使えません(あと動かせてもカクカクになってテストどころじゃない ^_^; )

そこで普段は実機端末(Galaxy)を使ってアプリのデバックとかしてます。

 

やり方は Android に専用USBケーブルをつないで、adbコマンドとか Android Studio からアプリ実行すればできるわけです。

▼ ちなみに自分が使ってるやつ



USBケーブル 1m iphone type-c micro usb データ転送 アンドロイド【1m】

ちなみに、ケーブルは必ず type-C microUSB を選ばないとダメ

iPhone用のモノを選ぶと意味がないので、商品説明はよく見た方がいいですね。

 

それで、最初の頃はケーブル接続でも問題ありませんでした。

でも1ヵ月もたたないうちに、だんだん接続不良が多くなっていって・・・

  • ケーブルを刺しても接続できない
  • アプリのインストールもできない
  • 開発が全くもって進まない

という事態に・・・ozr

そこでUSB接続を半ばあきらめて、Wify接続できる方法を試してみました。

Android実機にadbからWifi接続する手順

個人的にネット接続には WiMax を使ってるけど、どのWifiでもやり方は同じ

自分が試して 上手くいった方法 はこういう感じです。

1.まず必ず実機端末と開発PCを接続

まずはAndroid端末とPCをUSBケーブルで接続(重要)

「Wifi接続したいのにUSB接続しないとダメなの!?」と僕も思ってしまいましたが、やっぱりUSB接続はしておかないといけないらしいです。

もしUSBケーブルを持ってないなら、 USBケーブル(type-C) を買う必要あり

楽天とかで頼めば本当にすぐ届きます。
値段もせいぜい数百円程度なので、Wifi接続するまでの必要経費と思えば安いです。

2.Android端末のIPアドレスを調べる

次に接続したいAndroid端末の IPアドレス を調べます。

例えばGalaxyの場合は次の手順

  1. 設定アプリを開く
  2. その中の【接続】をタッチ
  3. WifiからIPアドレス確認

▼ Wifiの設定画面

まずAndroidの設定からWifi一覧を開く

▼ 赤枠で囲ったところがIPアドレス

自分が今使っているWifiのIPアドレスをメモしておく

このIPアドレスが必要なので、とりあえず覚えとくかメモしておけばOK

あとIPアドレスチェッカー的なのもありますが、あれだと正確な Android のIPアドレスが分からないので、使わない方がいいかもです。(必ず Wifi の設定画面から確認)

3.adbコマンドからWifi接続を実行

最後にコマンドラインから次みたいなコマンドを順に実行

※ ただし、コマンド実行が終わるまでUSB接続したまま

 

ステップ1.まず接続のポート番号を変更する

ステップ2.Android端末にIPアドレスで接続

ステップ3.Wifi接続できてるか確認

こんな風に 192.168.123.456:5555  とか表示されてればOK

 

ちなみに接続解除するときは次のコマンド

接続解除したらUSBケーブル接続して同じ手順を試せば再接続できます。

 

この手順を試したてSBケーブルを抜いてところ・・・

無事 adb install  とか Android Studio からアプリインストールができました!

これで接続不良に悩まされずにすみそう

USBケーブル君は気分屋なので、Wifi接続できると本当に快適です。
(あとUSBケーブルは数百円とはいえ出費がかかるので・・・)

以上、adbからWifi接続するやり方でした。ではまた (^_^)/~

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください